ホーム > 企業情報 > ご挨拶

ご挨拶

より良いコミュニケーションの提供を目指して

当社は1988年の創立以来、お客様の大切な情報を適切にマネジメントし最大限に活かすことを通して、人と人とのより良いコミュニケーションを実現するご支援を行ってまいりました。

自治体が持つ住民や公共インフラの情報、流通業が持つマーケティングに関する情報、金融業が持つ商品や資産に関する情報あるいは医療機関が持つ診察や治療に関する情報など、すべての業界に基幹情報と呼べる情報が存在します。
当社の情報マネジメント・サービスはそれらの基幹情報を安全に守ること、目的に合わせて加工すること、伝えるべき人にわかりやすい形で表現すること、届けるべき人に確実に届けること、そして不要になれば安全かつ確実に廃棄することを、各種業務にふさわしい形のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)として提供してまいりました。

昨今のICT技術の進歩はコミュニケーションの革新に多大な貢献を果たしましたが、それによって人々の理解が以前に比べて深まったかというと必ずしもそうではありません。私たちはコミュニケーションの効果を測り、その結果を情報マネジメントにフィードバックしてコミュニケーションのプロセスを改善するサービスにも取り組んでおります。

これらのサービスは住民や消費者の生活に直結する極めて重要な社会的役割を担っているという認識の下、私たちはセキュリティーの強化、サービス品質の向上に努めるとともに、お客様の声に真摯に耳を傾け、更なる業務改善に向けた課題の提起および解決策のご提案を続けてまいります。
その基盤となるのは、当社がこれまで蓄えてきた業務ノウハウや磨き上げてきた高品質な業務運用能力、そして富士ゼロックスおよび関連会社が保有する文字・画像・音声などに対する高度な解析・処理技術やマルチメディアの活用技術です。
当社では、さまざまな市場や業務プロセスに対し独自のプラットフォームを基盤として、お客様のニーズに適した形でサービスをご提供することが可能です。

全国の自治体および企業の皆様がより良いコミュニケーションを実現されることによって、最終的なサービスの受け手となる住民や消費者の生活を豊かにしていくことを目指し、私たちは今後とも価値あるサービスの提供に邁進してまいります。

富士ゼロックスシステムサービス株式会社
代表取締役社長 勝丸 泰志

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ