ホーム > 企業情報 > 富士ゼロックスシステムサービスについて > 沿革

沿革 - History of Fuji Xerox System Service

1962年 2月   富士ゼロックス株式会社のコピーサービス部門としてコピーサービス店舗を開始
1972年 9月   地方自治体向け除籍・改製原戸籍再製業務の開始
1975年 9月   カラーコピーサービスを全国で初めて開始
1988年9月21日  
  • 富士ゼロックスより分社し、社名を富士ゼロックスシステムサービス株式会社とする
  • 地方自治体向け「戸籍総合システム®」(KING)の販売開始
  • プリンティングサービス展開開始
1989年 4月   新商品写真台帳販売開始
1990年 12月   業務の拡大にともない、本社を東京都千代田区に移転
1991年 5月   プリントオンデマンドサービス展開開始
1992年 12月   資本金を2億円に増資
1994年 9月   戸籍電算化システム「戸籍総合システム・ブックレス®」(KONG)の販売開始
12月   業務拡大にともない、本社東京地区拠点を東京都板橋区の新社屋に移転・統合
1997年 5月   名古屋市に中部営業所を開設
11月   大阪地区拠点を大阪市西区の新社屋に移転
1999年 7月   北海道営業所を開設
2000年 4月   本社を東京都千代田区に移転
2001年 4月  
  • 「住民総合システム」ならびに「コングドリームシティ® 総合証明システム」販売開始
  • 財団法人日本情報処理開発協会 プライバシーマーク認証取得
11月   株式会社日本環境認証機構 ISO14001認証取得
2002年 4月   「電子帳票システム IDS-eDShare®」開発開始
2003年 4月   「コングドリームシティ® 証明書自動交付システム」販売開始
2004年 3月   財団法人日本品質保証機構 ISMS認証取得
11月   「戸籍・住民関連業務アウトソーシングサービス TOPS(Total Operation Package Service)」販売開始
2006年 3月   財団法人日本品質保証機構 ISO9001認証取得
4月   「福祉・介護システム」販売開始
2007年 3月   財団法人日本情報処理開発協会 ISO/IEC27001:2005認証取得
7月   オフィスサービス事業移管
2008年 4月   京都共同印刷工場内に当社京都センター開設
2009年 11月   財団法人日本品質保証機構 ISO14001に切替
2010年 2月   「コンビニエンスストア証明発行システム」販売開始
4月   「マニュアル・規程集 管理・閲覧システム IDS-ODShare®」販売開始
7月   富士ゼロックスクロスワークス株式会社と合併
10月   「証明書窓口受付システム まどうけ®」販売開始
2011年 5月  
  • 板橋事業所、京都センターの設備を増強し、東西に二拠点体制を確立
  • 「外字統合管理サービス(外字文字情報基盤)」販売開始
11月   富士ゼロックスと協業で総務省外字実態調査業務受注
2012年 2月   「ファイル転送システム セキュアトランスポート®」がISO/IEC 15408を取得
3月   戸籍電算化システム「戸籍総合システム・ブックレス®」のユーザーが1,000自治体様を突破
5月   独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「文字情報基盤整備事業」に参画し、「文字情報基盤を適用したプリントアウトソーシング実証実験」を実施
2013年 2月   富士ゼロックスお客様価値創造センター内にSmart Creation Laboratoryを開設
3月   「外字統合管理サービス」に文字情報基盤(IPAmj明朝フォント)を追加搭載し、搭載文字数は約90,000文字へ
4月   障がい者雇用促進のためのチャレンジドセンター開設
5月   「ウェブ文字基盤サービス」販売開始
9月21日   創立25周年
2014年 6月   独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「文字情報基盤データベースの構築」業務受注
2015年 10月   戸籍・住民情報に関する実務ノウハウの「動画学習サービス ヨクシル®」販売開始
2016年 3月   「証明書発行システム」販売開始
7月   障がい者の就業機会創出に向けて、千葉県千葉市に農園「ちゃれんじどファーム」を開園
2017年 4月   「学習記録コネクト」販売開始

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ