ホーム > イベント > リテールテックJAPAN 2016 イベントレポート

イベントレポート

「リテールテックJAPAN 2016(第32回流通情報システム総合展)」へ出展

去る2016年3月8日(火)〜11日(金)、東京ビッグサイトで開催された「リテールテックJAPAN2016(第32回流通情報システム総合展)」に富士ゼロックスシステムサービス株式会社が出展しました。5年連続、通算で6回目の出展となります。
会期中は、流通・小売業のお客様をはじめとして、幅広い業種のお客様に当社ブースにお越しいただき、誠にありがとうございました。

本年度は、「本部様」と「店舗」をつなぐ「営業担当者様」向けツール「S Support」を中心に、それぞれの業務領域でお客様が抱える課題解決に向け、多様なサービスをご紹介させていただきました。

展示内容

●本部様向けソリューション

商品画像マネジメントサービス

商品画像に関する統一ルールを定め、安定品質を担保することで、ブランド力を強化し、調達コストおよび業務負荷を軽減します。
専門スタッフによるスピーディーな撮影により、商品画像の欠品による商機ロスを回避。
実店舗やオンラインストアなど、あらゆる販売・流通チャネルでの商機獲得に貢献します。

ライフサイクルレコードマネジメント®システム

あらゆるレコード(Microsoft® Office文書、動画、静止画、音声、紙文書など)のバージョン、関連文書、属性、紙原本保管場所、各種日付、権限等を統合的に管理。ワークフロー機能も標準装備されています。

●営業担当者様向けソリューション

S Support

営業担当者様別、店舗別などのカスタム配信に対応できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)搭載。
スマートデバイスを用いた情報管理により、店舗指導業務の効率化・質向上に貢献します。
各店舗の状況・分析データがリアルタイムで確認できるため、現場でのスピーディーな判断が可能になります。

●店舗向けソリューション

コンテンツ活用による人材育成支援サービス

SkyDesk Mixed Learning™を活用し、PCやスマートフォン向け動画配信の場を提供します。
ドキュメントコンテンツを専用ソフトで簡単に動画コンテンツ化(キャプチャー)できるほか、容易に配信・活用できるプラットフォームを構築。
動画化による多様な情報配信を一元管理し、コンテンツ作成〜運用の後方支援もサポートします。

インバウンド消費 “つなぐ” ソリューション

翻訳作業からデザイン、印刷、ウェブ制作等ワンストップで対応。
お客様がお持ちの情報資産から、多種多様なツールを生成します。
見やすく分かりやすいコミュニケーションツールで、言語バリアフリー化を実現するとともに、機械翻訳データベース学習機能により、お客様固有の単語表現を蓄積、共有します。

オムニチャネル推進支援

定番商品棚をデジタル化することにより、商品棚スペースを有効活用し、幅広い品揃えを実現します。
在庫システム/ECとの連携で、店舗在庫に依存しない商品提案が可能に。
簡単便利な商品検索機能を搭載し、画像/動画など多様な表現で、より詳しい商品情報を提供します。
お客様操作/閲覧ログから消費者ニーズを把握することも可能です。

(2016.4)

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ