ホーム > ニュース一覧

2009年9月29日

LASDEC主催
「地方自治情報化推進フェア2009 〜便利で安全なICT社会へ〜」 へ出展いたしました。

(財)地方自治情報センター様主催の地方自治情報化推進フェアが9月28日・29日の両日で開催され、当社も出展いたしました。このフェアは「いつでも、どこでも、誰でも、安全にICTを実感できる社会の実現」を目指し、地方自治体行政情報システムの導入やシステム再構築のための情報収集・情報交換の場として寄与することを目的としています。今年は昨年を上回る51社のベンダーが出展して最新のシステムやサービスの展示・実演及びプレゼンテーションなどが行なわれ、来場者も4,000人を超えるなど大変熱気のあるイベントとなりました。

当社も「現場発想の住民窓口ソリューション」をテーマとして住民窓口関連の多くのソリューションを展示いたしました。当社の本フェアへの出展は初めてでございましたが、延べ500名以上(当社調べ)の自治体職員様やベンダー関係者様に訪問いただき、おかげさまで大盛況となりました。(写真左)
特に自動交付機や証明書窓口受付システム、また今年度、当社が自治体様と共同で構築を進めているコンビニエンスストア証明書発行システムの注目度が高く、住民窓口の業務量増加や住民ニーズの多様化・高度化への対応が多くの自治体様の課題となっていることを実感いたしました。
当社のベンダープレゼンテーションでは、『導入効果の高い「自治体窓口及び後方業務アウトソーシング」実施におけるアプローチ』と題して、窓口業務の民間委託を検討する上での課題と特徴について事例を交えてご紹介いたしました。本プレゼンテーションも定員60名のところ72名もの方々にご参加いただき、アウトソーシングに対しても皆様の関心の高さが窺えました。(写真右)

当社といたしましても本フェアの動向や自治体職員の皆様方の課題認識を踏まえ、住民窓口業務の課題解決のパートナーとして更に充実したソリューションを展開して参りたいと存じます。

当社 展示ブースの様子 (当社 展示ブースの様子)

当社 ベンダープレゼンテーションの様子 (当社 ベンダープレゼンテーションの様子)

主催
財団法人 地方自治情報センター (LASDEC)

後援
総務省、全国知事会、全国都道府県議会議長会、全国市長会、全国市議会議長会、全国町村会、全国町村議会議長会、(財)日本宝くじ協会、(財)地域創造、(財)地域活性化センター、(財)自治体国際化協会、(財)自治体衛星通信機構、(社)行政情報システム研究所

  • 日時 平成21年9月28日(月)〜29日(火) 9:30〜17:00
  • 場所 東京ビッグサイト 西1ホール
  • 来場者数 4,277名(28日 1,906名、29日 2,371名)
  • 出展社 51社