ホーム > 採用情報 > キャリアインタビュー > 武藤 崇史(開発)

おかしいと思ったことには「おかしい」と言える職場 自由闊達な社風です 武藤 崇史 Takashi Mutou 2014年入社

担当している仕事を教えてください。

民間のお客様向けサービスの提供基盤となるシステムインフラ全般の導入、運用を担当しています。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

お客様から感謝いただいたとき、社内関係者に「ありがとう!」と言われたとき、自分の仕事が周りのかたがたの役に立っているという実感がやりがいにつながっています。

担当職種・業務の魅力・面白さとはどのようなものですか?

開発部門や生産部門と協力して、お客様の要望を形にすることです。社内の特定の担当者というよりは、いろいろな部門の社員と協働する機会があります。

担当職種・業務に求められる能力にはどんなものがありますか?

必ずしも従来のプロセスを踏襲するだけでなく、疑問を持ち改善に繋げられる能力だと考えています。

忘れられないエピソード・印象に残っているエピソードはありますか?

大規模な機器の故障時、社内が混沌としている中、解決に向けて懸命に対応している我々の姿を見た他関連部門社員が徐々に協力的になり、最終的に前向きなお客様対応を共に考えていける関係性へと変化していったことは忘れられません。突発的な障がいで不満があったことと思いますが、建設的な協働をしてくれた皆へ感謝しています。

当面の目標を教えてください。また、これから挑戦してみたいことはありますか?

サービス提供基盤の最適化・運用改善を図り、省力化のための最新テクノロジーを活用していきたいと考えています。

富士ゼロックスシステムサービスをひと言で例えると?

柔軟な発想で臨機応変に対応する会社。

富士ゼロックスシステムサービスの魅力は何ですか?

お酒が好きなメンバーが多いことです。

職場の雰囲気・社風を教えてください。

おかしいと思ったことに対して「おかしい」と言える雰囲気です。日々、自由闊達な会話がされています。

忘れられない上司や先輩からのひと言は?

「やりたいことを意思表示してくれれば、いくらでもチャレンジできるようサポートする!」と上司から頼もしいひと言をいただきました。他部門の先輩からは、「困難なことがあっても逃げずに立ち向かうから、武藤のことは信頼している」と言われ、とても嬉しく思いました。

前職ではどんなお仕事をされていましたか?

独立系のSI企業で、システムインフラ周辺のエンジニアをしていました。

富士ゼロックスシステムサービスに転職を決めた理由は何ですか?

お客様の業務改善に向けて、システムライフサイクルの最初から最後まで取り組みたいと考え転職を考えました。当社であれば顧客志向が強く、組織でも個人でも希望を実現できると思ったため入社しました。前職で培ったシステムインフラ関連の技術力や論理的思考など、現職で生かせていると思います。

休みの日は何をしていますか?

幼稚園児と小学生の子供がいるので、公園に行ったり買い物に行ったりしています。

趣味について教えてください。

社内の有志でバスケットボールをしています。

こんな人が富士ゼロックスシステムサービスに向いている!という人物像を教えて下さい。

分からないことをヒアリングしたり調べたりする能動性、当事者意識を持ってゴール設定し最後までやりきる姿勢、そしてコミュニケーション能力をお持ちのかただと思います。

富士ゼロックスシステムサービスへ転職をお考えのかたへメッセージをお願いします。

サービス提供者として、システム技術者として、幅広い視野で自由な発想ができるかたお待ちしています!

武藤 崇史のある1日 9:00 出社・始業 まずはタスク整理をして一日を始めます 10:00 グループミーティング 月曜日の午前中には、先週までの状況を共有するため週報会が開催されます 12:00 昼食 週1のカレーがスタミナ源です 13:00 社内関係部署との打ち合わせ 新規導入システムの要望をヒアリングし、すり合わせや提案をします 15:00 環境構築・変更作業 サービスの仕様変更に伴い、システム構築や設定変更を実施 17:00 システム設計レビュー インフラの故障は影響が大きいため、慎重かつダイナミックな設計を心がけています 18:00 退社 この日は久しぶりに社内のメンバーでバスケットボールを楽しみました 24:00 就寝

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ