ホーム > 採用情報 > キャリアインタビュー > 鈴木 浩一郎(開発)

手を挙げれば、希望する仕事に携わることができる環境です 鈴木 浩一郎 Kouichirou Suzuki 2011年入社

担当している仕事を教えてください。

学習記録コネクトの開発を担当しています。お客様への要望ヒアリングからウェブおよびモバイルアプリケーションの設計、開発を委託している外部取引先の管理、保守業務までを開発リーダーとして携わっています。

やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

開発途中段階で、最初にアプリが起動したときは感動しました。また、お客様から「仕事が効率的になった」と喜んでいただいたときにやりがいを感じます。

担当職種・業務の魅力・面白さとはどのようなものですか?

これまでに経験のない新技術を用いた開発業務では、スムーズにいかないこともありますが、ひとつずつ問題を解決して最終的にサービス提供が開始されたときには達成感を感じます。

担当職種・業務に求められる能力にはどんなものがありますか?

開発能力やクラウドサービスに関する知識など技術的なスキルはもちろんですが、開発を依頼する取引先のコントロール能力や、お客様へのヒアリング、コミュニケーション能力も必要だと思います。

忘れられないエピソード・印象に残っているエピソードはありますか?

サービス提供直前のトラブル対応です。チーム一丸となって対処し、納期までに間に合わせ、無事にリリースできたことは忘れられません。

当面の目標を教えてください。また、これから挑戦してみたいことはありますか?

現在開発しているアプリケーション開発のバージョンアップが当面の目標です。今後は、新しいクラウドサービスを利用した開発に挑戦したいです。

富士ゼロックスシステムサービスをひと言で例えると?

お客様第一

富士ゼロックスシステムサービスの魅力は何ですか?

チャレンジできる環境があることです。希望すれば、新しいサービスの開発を任せてもらうことができます。

職場の雰囲気・社風を教えてください。

現在プロジェクトチームとして活動をしていますが、ささいなことでもメンバー間で気軽にディスカッションができる雰囲気です。また、上司や先輩もオープンで、事の大小を問わず相談にのっていただけます。

忘れられない上司や先輩からのひと言は?

「しっかりと、できることをやればいい。」お客様へのトラブル対応の渦中において、そのように声をかけられ励まされました。

富士ゼロックスシステムサービスに転職を決めた理由は何ですか?

前職では、SI企業として主に通信会社の購買・会計システムなどを開発していました。自社のシステムやサービスを保有し、お客様と直接接点のある一次受けの企業において、上流から運用までを担当したいと思い当社への転職を決めました。

富士ゼロックスシステムサービスへ転職をお考えのかたへメッセージをお願いします。

手を挙げれば希望する仕事に携わることができる環境です。自分から積極的に提案して開発をしていきたいかた、一緒に働きましょう!

休みの日は何をしていますか? 家族との時間を大切にしています。休みの日は、主に子供の遊び相手になっていますが、趣味のサーフィンを楽しむこともあります。 休日は家族と一緒にキャンプや海によく出かけます。 趣味のサーフィンは10年以上ほぼ毎週、友達や家族と一緒に行っています。

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ