ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー > 開発2011年入社

「自ら新サービスを創り出したい!」という方にはピッタリの職場だと思います 松井 孝仁 Takahito Matsui 2011年入社

担当している仕事を教えて下さい。

文教・教育向けソリューションの開発を担当しています。具体的には、薬学部の大学生を対象にした実務実習システムの開発になります。理解度の確認やスケジュール管理はもちろん、大学教授-実習生-薬剤師の三者間のコミュニケーションを円滑に行うことができます。

担当職種・業務の魅力・面白さとはどのようなものですか?

自分で考えたものを実際に形にできるところです。またその形にしたものが我々の普段の生活に関わっている!と感じることができるところです。実際、友人や上司のご親族が実務実習システムを利用されています(笑)

当面の目標を教えてください。

数年後に薬学の指導カリキュラムが変更される予定なので、それに対応した新システムの開発に挑戦したいと思っています。薬学部以外の文教分野のシステム開発にも携わりたいですね。

富士ゼロックスシステムサービスの魅力は何ですか?

チャレンジの機会を与えてくれるところです。また、そのチャレンジを周囲が常にサポートしてくれることも魅力の一つです。

富士ゼロックスシステムサービスに入社を決めた理由は何ですか?

1つ目は、幅広い業界の案件に携わることができると感じたこと、2つ目は、面談の際、先輩社員が当社について堂々と説明していたことです。先輩社員の目が活き活きとしていたことも入社を決めた要因の一つです。

就職活動中の大学生へメッセージをお願いします。

就職活動はこれからの将来を決定づける大事なステップです。本当に自分がやりたいことは何かを真剣に見つめ直し、就職活動に励んでほしいですね。当社は、「自分で新サービスを創り出したい!」という方にはピッタリの職場だと考えています。

趣味について教えて下さい。 開発という職業然り、模型や料理など、根っから何かを作ることが好きなんだと思います。最近の悩みは、部屋に模型を飾るスペースが無くなってきていることです(笑)また、料理に関しては、作るだけではなく、知らない土地を散策しながら食べ歩くのも趣味です。 自慢のカレー! こんな感じのプラモデルを作っています。 絶品!宇都宮餃子。

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ