ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー > 生産管理2013年入社

失敗よりも挑戦、いつか後輩に還元するという気持ちで仕事に取り組んでいます 鈴木 詩織 Shiori Suzuki 2013年入社 動画でもインタビューをご覧いただけます。

担当している仕事を教えて下さい。

自治体のお客様を対象とした住民総合システムの開発を担当しています。現在では、マイナンバー制度導入時にシステムがスムーズに実行されるよう、サブシステム・ツールの開発に注力しています。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

自身が携わっていたものがカタチになり、お客様から「ありがとう」と感謝の言葉をいただいた時は、大変でも頑張ろうと思える瞬間です。

当面の目標を教えてください。

先輩や上司と対等に議論を交わすことです。今は教えてもらうことがほとんどですが、いつかは先輩に指摘できるくらい、知識と経験を積みたいと思っています。

職場の上司や先輩はどんな人ですか?

自分の手法や考えをしっかり持っている人です。相手の意見を尊重しつつ、決して左右されることのない、そんな先輩が憧れです。

忘れられない上司や先輩からのひと言は?

「今は失敗しても、助けられても、いつかは自分がそうしてあげられるようになればいい」
失敗よりも挑戦、いつか後輩に還元するという気持ちで仕事に取り組んでいます。

どんな学生生活を送っていましたか?

イギリスへの語学留学やコンサルティング企業の事務など、多くのことに挑戦しました。社会に出てからその経験が十分に生かせていると思っています。

富士ゼロックスシステムサービスに入社を決めた理由は何ですか?

面接や先輩社員との懇親会を通して、「一緒に働きたい!」と思ったのが理由です。

就職活動中の大学生へメッセージをお願いします。

将来を決める大事な時期です。納得いくまで悩み、自分と向き合ってください。そして、広い視野で就職活動に励み、実りある結果にしてほしいと思います。

休みの日は何をしていますか? 習い事や友だちと飲みに行ったり、買い物に行ったりしています。妹ともよく出かけます。 ドラマのロケ地めぐりをしに妹と鎌倉へ。 妹と一緒に韓国でミュージカルを観てきました。 趣味について教えてください。 大学のときから習い始め、7年間続いているフラワー・アレンジメントです。毎月季節に合わせて作品を作っています。

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ