ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー > 営業2016年入社

お客様の業務課題をお客様と一緒に考えていく責任とともやりがいも感じます 橋本 祐次 Yuji Hashimoto 2016年入社

担当している仕事を教えてください。

東北地方の自治体様を担当しています。お客様の業務課題を解決するために、戸籍ソリューション住民窓口ソリューションをはじめとした公共領域のソリューションを提案しています。

やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

担当している自治体様は東日本大震災で甚大な被害を受け、現在でも人員不足などの問題を抱えています。そうした状況の中で、お客様と一緒に今後の窓口業務の運用を考えていくことは、責任を強く感じるとともにやりがいを感じております。
また、お客様から「何か困ったら橋本さんに聞いてしまう」というお言葉をいただいたことがあり、信頼してもらっているのだと感じたときはとても嬉しかったです。

当面の目標を教えてください。

お客様と同等もしくはそれ以上にお客様の業務を理解し、お客様の立場に立ち、「フレッシュさと頼れる安心感を兼ね備えた営業」を目指したいと考えています。

富士ゼロックスシステムサービスをひと言で例えると?

Value Proposition!

富士ゼロックスシステムサービスの魅力は何ですか?

人材育成に注力しているところです。入社後の研修では、社会人の基礎となるビジネスマナーを学びました。その後の営業部門の研修では、営業としての基礎(プレゼンやロールプレイングなど)を学び本配属となりました。時間をかけてしっかりと学ぶことができる研修から『人を大切に育てる』という点に魅力を感じています。

職場の上司や先輩はどんな人ですか?

不明点や不安点を先輩がたに尋ねると、自分の業務を中断してまで教えてくれます。入社時、新入社員で社会性もなく、迷惑をかけ続けていましたが、それでも見捨てずに教えてくれた先輩がたがいるこの職場でよかったと感じています。

忘れられない上司や先輩からのひと言は?

「何時まででも、何回でもプレゼン練習付き合うよ」です。入社2年目の5月に、約30人のお客様の前でプレゼンをする機会がありました。何回練習しても不安は拭いきれずにいた私に、先輩からこのお言葉をいただきました。自分の業務を後回しにしてでも、私のプレゼンに時間を割いていただき、期待してくれているのだと感じました。

どのような就職活動をしていましたか?

留学をしていたため、周りの人より就職活動のスタートが遅れてしまいましたが、焦らず自分の将来のことを考えて活動していました。また面接で意識していたことは、嘘偽りなく自分の考えや経験をありのままに伝えるということでした。

富士ゼロックスシステムサービスに入社を決めた理由は何ですか?

面接のときに先輩と雑談の時間があり、答えにくい質問にも隠さず答えていただいたので、そのような先輩と働きたいと思い入社しました。

就職活動中の学生へメッセージをお願いします。

就職活動の時期は一生に一回しかありませんので、緊張することも多いかと思いますが悲観的にならず、ぜひその時期を楽しんでください。

趣味について教えてください。 趣味は海外旅行です。友達と一緒に行くことも好きですが、一人旅も好きです。1人の場合は宿を事前に予約せず、現地に行って泊まる場所を決めたりと、自由な旅行をします。そこで現地の人とお酒を飲んだり、会話をすることで、日本にいたら分からなかったその国のことを知ることができて、非常に面白いです。左はハワイ島にあるアメリカ最南端の地サウスポイント、右はシンガポールです。旅の醍醐味は現地のかたとのコミュニケーション!

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ