ホーム > セキュリティ > プライバシーマーク(Pマーク)制度について

プライバシーマーク(Pマーク)制度について

「プライバシーマーク」制度とは

プライバシーマーク(R)

1998年「プライバシーマーク制度」 は創設されました。この制度は日本工業規格 「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項≪JIS Q 15001:2006≫」 に準拠して、電子計算機により処理される個人情報の適切な保護措置を講ずる体制を整備している企業に対し、「財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)」が「プライバシーマーク」のロゴの使用を認めることにより、その企業が適切な個人情報保護を実践しているということを社会に表明できる制度です。

同制度は、全社のマネジメントシステムとして位置づけられ、全社で社内外の個人情報保護の取り組みを実践していることが必須になります。また、新たなビジネス環境や経営の変化に対応し、常に進化させていく必要があり、計画、実施、監査、および見直しをスパイラル的に継続することによって、全社の個人情報保護管理能力を高めていきます。そして取得後も2年ごとに審査機関の更新審査を受けることになります。