ホーム > ソリューション > 金融向けソリューション > 電子帳票システム IDS-eDShare®

電子帳票システム IDS-eDShare®

異なるフォーマットの帳票を一元管理
効率的で安全な帳票利用、管理を実現します

メインフレーム、オープン系システム、帳票設計ソフトウエア…、オフィスには、多様なシステムで設計された帳票が散在しています。こうした異なる形式の帳票を統一のIDSフォーマットに変換し、一元的に保存・管理可能にするのが、電子帳票システムIDS-eDShare®です。
データのコンバージョン・仕分けから保存、管理、活用までのプロセスが一元管理可能で、高度なセキュリティー機能を装備。
企業内の情報共有はもちろん、内部統制にも大きく貢献します。

システム概要図

特長

  1. 異なる形式の帳票をIDSフォーマットで電子化

    各種ホストメーカー、オープン系システムで設計された帳票データ形式に対応したデータコンバーター(IDS Maker)を用意。既存の環境に大きな変更を加えることなく、データ形式の異なる帳票を容易に統一することができます。

    ※対応データ形式の詳細についてはお問い合わせください

  2. ウェブブラウザーで閲覧

    帳票検索、閲覧、印刷などの操作は、Internet Explorerで行います。特別なクライアントソフトウェアが不要なので、管理の手間を軽減します。

  3. 利用者制限のないフリービューワーライセンス

    ビューイングに関するライセンスは、サーバーOS数によるライセンス課金となっており、クライアントの増加にともなう追加費用は生じません。

  4. 富士ゼロックス社製CPS(※)プリンターと高い互換性

    富士ゼロックス社製プリンターのプリント資源(FDL、PDL)を活用し、シームレスな運用が可能です。プリンターとIDSの資源の一元管理により、紙の出力と電子帳票の双方に対応した柔軟なシステムが構築できます。もちろん、各種他社製プリンターにも対応可能です。

    ※Computer Printing System

  5. 高圧縮機能

    独自アルゴリズムによりデータをアーカイブし、ファイルサイズを低減させることでディスクやネットワークへの負荷を軽減させます。

  6. 自動仕分機能

    帳票データ内の特定位置にある仕分けキー(例:支店コード、部署コードなど)に基づき、帳票毎に仕分け設定が可能です。初回設定以降は自動的に仕分けされ、配布先フォルダ毎にファイルを生成します。

  7. 運用性

    IDS-eDShareは、JOB毎に1ファイルを生成するファイル管理タイプの電子帳票システムです。ひとつのファイルの中にデータ・オーバーレイ、定義情報などを保有しているため、オーバーレイに変更があった場合でも、変換当時の状態が確保されます。

  8. 高度なセキュリティーを実現

    操作制限
    ユーザーごとの閲覧権限や検索・印刷などの操作制限が細かく設定できます。閲覧権限の無い帳票やユーザーに開放していない操作ボタンは画面上に表示されません。

    ログ管理
    ユーザーごとの操作ログ(閲覧、検索、印刷などの各種操作履歴)が管理できます。また、ログ管理専用の検索機能により、操作状況の追跡・確認が容易に行えます。

機能

操作性

帳票検索・一覧表示機能 帳票格納階層、帳票ID、帳票名での検索、作成期間など日付での絞り込み検索が可能です。また、使用頻度の高い検索条件を記録するブックマーク機能を搭載しております。検索結果は一覧上に表示され、閲覧する帳票を選択して帳票イメージを表示させます。なお、帳票検索結果一覧から帳票閲覧ページのURLをコピーできます。URLを開くことで帳票閲覧画面に移ります。(ログイン画面にてログインが必要です)印刷時は、一覧上からの一括印刷も可能です。
帳票データ検索機能 帳票表示後、全文検索はもちろん、項目を定義することによって項目毎の高速キー検索が可能です。幅広い検索条件の組み合わせにより、精度の高い検索結果を得ることが可能です。ページフォーマット対応のため複数行明細帳票や可変明細帳票を意識した検索など、複雑で多様化した帳票にも柔軟に対応します。
CSV出力機能 項目を定義することによって、項目毎に選択してCSV(Excelフォーマット)に展開することができます。検索機能との組み合わせにより、検索結果のCSV出力も可能です。
アノテーション貼付機能 表示した帳票に付箋(マーカー)、コメント、スタンプ(イメージ)、デート印を貼付することが可能です。これにより、紙での運用に近いハンドリングを実現します。また、貼付情報毎に公開先や編集権限の設定を可能とし、貼付情報に対する検索機能も実装しています。なお、誰がいつ貼付したのか確認することも可能です。
印刷機能 Windowsドライバーに対応したプリンターであれば印刷が可能です。また、印刷後の置き忘れによる情報漏えい防止策として、システム設定にて印刷した帳票の余白にタイムスタンプ(ユーザーID、日付など)を強制的に印字することが可能です。

管理機能

ユーザー操作履歴(ログ)
管理機能
IDS-eDShareでは、ユーザー毎の操作ログをシステム上で一元的に管理しています。ログ検索機能により、認証・閲覧・印刷・検索・CSV出力などの各種カテゴリー別の検索、あるいはキーワードとしてユーザーIDや帳票IDなど、より条件を絞り込んだログの抽出が可能です。また、ログ検索機能により帳票毎の利用状況(帳票別の閲覧状況など)も把握できるため、利用状況調査機能としてもご活用いただけます。

商品構成

IDS-eDShareシステム

IDS Server System 電子帳票システム(帳票生成マスタ、仕分設定などの管理機能)
IDS Maker*1 データ変換コンバーター(IDS Server System上で動作)
IDS Viewer オフライン用ビューワーソフトウェア(クライアントソフトウェア)
IDS Designer 検索・CSV出力項目設定ツール/オーバーレイ描画ツール
IDS 世代管理ツール ファイルの移動・コピー・削除を行う管理ツール(保存期間の指定も可能)
IDS e-Web System 電子帳票ウェブ公開システム(ウェブ公開機能、ユーザー管理機能、ログ管理機能 etc.)
IDS Web Viewer ウェブ閲覧用ビューワーソフトウエア

IDS-eDShareオプションシステム

DVD-R/CD-R Printing System 専用装置との連携により、DVD-R/CD-Rの自動書き込みとレーベル印刷を行いながら、配布先単位にDVD-R/CD-Rを作成するシステム
IDS Security Viewer DVD-R/CD-Rにてファイル配布する際に、IDSファイルにセキュリティー設定を付与するビューワーシステム
Auto-Print System IDS Server Systemにて生成されたIDSファイルを指定のネットワークプリンターに自動出力するシステム
指定帳票検索システム
(取引履歴明細検索システム)
予め指定した検索キーにて複数の帳票に検索を行い、名寄せ帳票の作成、または印刷を行うシステム

動作環境

動作環境

対応サーバーOS Microsoft® Windows Server® 2008 日本語版 [Service Pack 2]*3
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 日本語版*3
Microsoft® Windows Server® 2012 日本語版*3
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 日本語版*3
対応クライアントOS/
ウェブブラウザーの組み合わせ
Microsoft® Windows® 7 Professional 日本語版[Service Pack 1]/
Windows® Internet Explorer® 11 日本語版(32ビットモード)*3
Microsoft® Windows® 8.1 Pro 日本語版/
Windows® Internet Explorer® 11 日本語版(32ビットモード)*3
Microsoft® Windows® 10 Pro 日本語版/
Windows® Internet Explorer® 11 日本語版(32ビットモード)*3

変換対応データ形式

ホスト IBM/富士通/日立/UNISYS/NEC(ACOS4)
オープン系システム STDOUT(帳票イメージテキストデータ)/各種帳票作成ツールとの電子化対応*2
  • Microsoft、Windows、Windows Server、Internet Explorerは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国および、その他の国における登録商標です。
  • その他の商品名、会社名は、一般に各社の商号、登録商標または商標です。

製品カタログ

カタログのダウンロードはこちらから。

PDFダウンロード

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ