ホーム > ソリューション > 自治体・公共向けソリューション > 戸籍ソリューション > 戸籍総合システム・ブックレス® オプションソフト

戸籍総合システム・ブックレス® オプションソフト

住民記録連携システム

住記システムにある住民票データとの連携により
戸籍届書入力業務を効率化

「住民記録連携システム」には、本籍人かつ住所人の「附票データへの更新(住記→附票)」と、戸籍届書入力時の「住民票データ参照・利用(住記→戸籍)」があります。住民票データを連携させることで、効率的でミスのない戸籍の事務処理が実現されます。

住民記録連携システムイメージ

システムの特長

  1. 証明書発行の迅速化(附票データ連携)

    行政区画変更処理の場合、住記データを活用することで処理時間は大幅に短縮され、証明書を迅速に発行することが可能になります。

    [現在の事務]住記システム修正 - 終了 - 証明発行、戸籍システム(附票住所地) - 全件手入力 - 証明発行
    [システム導入後]住記システム修正 - 終了 - 証明発行、住記システム修正と戸籍システム(附票住所地)を連携、戸籍システム(附票住所地) - 終了 - 証明発行
  2. 入力ミスの未然防止(附票データ連携)

    附票連携機能は、住民異動届処理時の附票処理作業における入力間違いおよび二度手間をなくすことで人的ミスを未然に防ぎます。

    [現在の事務]住記窓口で転居届を受付 - 入力 - 住記システム、住記窓口で転居届を受付 - 入力 - 戸籍システム(附票DB) 2度手間、入力ミス…
    [システム導入後]住記窓口で転居届を受付 - 入力 - 住記システムと戸籍システム(附票DB) データ連携、住記データをそのまま附票データとして使用でき、二重登録を防止できます
  3. 入力の簡素化による事務作業改善(住民票データ参照利用)

    住民票参照機能は、項目が多く手間のかかる入力作業を、住記データから氏名や生年月日を参照利用することにより簡素化。事務業務を大幅に軽減することができます。

    [現在の事務]太郎さん 本籍:管内 - 戸籍データ - 新戸籍編製、花子さん 本籍:管外 - 全項目手入力 - 新戸籍編製 入力項目が多い、手間…
    [システム導入後]太郎さん 本籍:管内 - 戸籍データ - 新戸籍編製、花子さん 本籍:管外 - 住記データ - 新戸籍編製 住民票から、名前や生年月日を使用することにより、入力を簡素化

アクセスログシステム

[「アクセスログシステム」で記録することのできるログ]ログイン情報 - 操作ログ - 届書関連ログ:届書異動ログ、届書関連印刷ログ、戸籍記載ログ(届出別)見出し参照ログ、ログイン情報 - 操作ログ - 戸籍関連ログ:検索照会ログ、印刷証明ログ、戸籍記載ログ(届出別)

検索、発行、異動などのシステム操作のログを記録し、表示および印刷できるシステムです。個人情報の漏洩を抑止し、情報公開請求に対応できます。

記載不要届管理システム

日本国籍を有しない外国人の届出などを登録および保存でき、必要に応じて検索、出力が可能なシステムです。

受附帳管理システム

紙ベースの受附帳を登録および保存でき、必要に応じて検索、出力が可能なシステムです。

渉外戸籍受附ヘルプシステム

渉外戸籍に関する複雑な届書も、国名や事件名から関係法令や要件具備証明書の様式を簡単に参照できます。

先例通達システム

戸籍に関する先例、通達を検索、参照することができます。

データ突合サービス

本籍人かつ住所人の情報をシステム上で突合し、相違箇所をリスト出力するサービスです。

戸籍総合システム・ブックレス情報を見る

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ