ホーム > ソリューション > 自治体・公共向けソリューション > 戸籍・住民窓口ソリューション > 窓口改善ソリューション

窓口改善ソリューション

窓口の手続き簡素化による混雑緩和

住民の皆様にとって、手書きでの申請書記入は面倒な作業です。複数の申請が必要な場合は都度申請書に記入する必要があり、また、その内容を確認する自治体職員様のご負担も増加します。

富士ゼロックスシステムサービスでは、住民の皆様および自治体職員様の双方の負荷軽減に向け、マイナンバーカードや運転免許証を活用した「申請書作成支援システム」をご提案させていただきます。

サービスご提供イメージ

利用シーン:記載台での申請書記入 受付窓口での申請書記入 支所・出先機関での申請書記入 操作イメージ:Step①申請内容選択 Step②カード選択、照合番号など入力(マイナンバーカード 照合番号B(14桁)・運転免許証 第1暗証番号(4桁)) Step③カード読取り Step④申請書出力

申請書作成支援システム

マイナンバーカードに格納されている4情報(氏名・住所・生年月日・性別)や運転免許証に格納されている3情報(氏名・住所・生年月日)を複数の申請書に自動印字することができるシステムです。住民サービスの向上や事務負担の軽減を実現します。

システムの特長

  1. 申請者の記入負担の軽減

    複数の手続きが必要な場合でも、同じ情報を何度も書く必要がありません。申請書記入の負担を軽減し、スムーズな申請書作成を実現します。

  2. 受付事務の負担軽減

    申請書に自動印字されるため、手書き文字で発生しやすい氏名や住所などの確認や修正作業といった事務負担を軽減します。

  3. マイナンバーカードの取得促進

    マイナンバーカードの利用機会を増やすことで、マイナンバーカードの取得が促進されます。

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ