女性活躍推進法に基づく行動計画および情報公開

公表日:2016年3月17日

1.計画期間

平成28年3月1日〜平成33年2月28日の5年間

2.当社の課題

  • 多様な人材が能力発揮・キャリア形成できるような柔軟な働き方ができる環境が十分に整っていない
  • 能力発揮の機会提供や配置の実践が不十分
  • 女性社員が将来に向けたキャリア感が醸成されていない

3.目標

  • 年間総労働時間を1,900時間台に定着させる
  • 管理職に占める女性の割合を5%以上にする

4.取組内容

  • 女性社員のキャリア感の醸成
    • 平成28年3月〜 オールFX研修プログラムのコンテンツ策定への参画
    • 平成29年4月〜 研修への参加、プログラム内容の改善提案
  • 人材育成・能力発揮の促進
    • 平成28年3月〜 ジョブローテーションの活性化
    • 平成28年7月〜 管理職に対するダイバーシティ教育等の実施
  • 総労働時間の低減
    • 平成28年3月〜 生産性向上に向けた施策の継続検討、実施
  • 全ての従業員の満足度向上
    • 平成28年3月〜 意見の収集方法検討、実施

女性の活躍の現状に関する情報公表

  1. 管理職に占める女性労働者の割合:2.5%
  2. 採用した労働者に占める女性労働者の割合:40%
  3. 男女の平均継続勤務年数の差異:2.6年(男性12年、女性9.4年)
  4. 労働者の一月当たりの平均残業時間:32時間(所定労働時間7.5時間で算出)
  5. 有給休暇取得率:61.6%
  • 注記 対象日、対象期間 1、3 2018年3月31日現在 2、4、5 2017年度実績
  • 注記 対象従業員区分 1、2、3、5 正社員のみ 4 正社員のみ(管理職を除く)

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ