教育制度

キャリアステージ別に社員の能力向上を支援

社員一人ひとりのキャリアステージに合わせ、「共通能力」「専門能力」「組織マネジメント能力」の3層におよぶ階層別教育制度を整備しています。

  • 共通能力」では、自身の希望により、更なる能力向上を目指す人材を支援
  • 専門能力」では、機能別にその分野でのリーダーとしての活躍が期待できる人材を支援
  • 組織マネジメント能力」では、階層別に求められる組織マネジメント能力を発揮する人材を支援

新入社員育成プログラム

当社では、新入社員の育成期間を2年間と定め、社会・お客様・組織に貢献できる人材への育成を目的に、富士ゼロックスおよび関連会社、富士ゼロックスシステムサービス社員としての基本能力、ならびに業務を遂行するうえで必要な知識育成のための研修を実施しています。
この育成期間を「会社が自分を育ててくれる」という受身の期間とはせず、自ら能動的に行動することがその後の自己成長に繋がっていきます。

その成長が最初に表れるのは、入社半年後に実施する「プレゼンテーション大会」になります。
入社半年間を振り返り、改めてどのような成長目標をもち、社会・お客様・組織へどのように貢献していくかを一人ひとりプレゼンテーションしてもらいます。
それはまさに、座学ではなく本当の業務課題やそれに向けた改善策を提案するものとなっています。
当社の新入社員教育は、自らの成長ビジョンや課題認識を持ち、それに向けて挑戦する人材を支援する実践的な教育プログラムなのです。

SE教育プログラム

SE業務における基礎的知識・スキルを習得することを目的としています。

  1. SE基礎教育は「データベース」「プログラミング」「ネットワーク」の3分野が対象となり、それぞれ必須・選択項目を設定しています。
  2. SEスキルアップ制度は、上長と相談の上、社外プログラムを受講することが出来ます。

このプログラムで基礎力を徹底的に身に付けることで、よりハードルの高い業務への挑戦を支援しています。

SE基礎教育 1年目 SE基礎教育(入社初年度) 2年目 3年目 基本情報技術者試験受験※2年目春期 新卒採用 SEスキルアップ制度 1年目 年複数回受講 2年目 年1回受講 3年目 年1回受講 キャリア採用 1年目 2年目 年1回受講

選べるスクール

全員一律の集合研修ではなく、自らの課題に沿ったプログラムをメニューから選び、学習することができる選択型の研修制度です。
各人が強化すべきポイントは、階層教育にて実施している共通能力がある一方、職種や業務によって個別に設定することが望ましい部分もあります。選べるスクールでは、「担当業務や職種における課題を、自ら発見し解決することにより、自りつした人材に成長する」ために必要な基本能力の開発を目的としています。

自己啓発支援制度

会社が奨励する専門性を高めることを条件として、資格取得のみならず、幅広く個人の自己啓発学習を支援しています。

修学支援制度

働きながら自己啓発のために大学および大学院またはそれに準ずる教育機関で学ぶ社員を支援する制度です。従業員代表からの提案を受けて、制定されました。

※従業員代表:従業員の代表として、経営層に対して提言を行うことを役割としています。
例年、年3回の労使懇談会という場にてテーマにおける活動内容の協議を行っています。